犬と女の子

愛猫や愛犬のためにペット保険は必ず入ろう

特徴と飼育方法

レディ

小型犬のチワワは、大きな目と耳が特徴的です。また、毛色もいくつかあり、コートの長さも違います。その他、特徴として動くことが大好きなのでまめに運動をさせてあげるといいでしょう。

犬の里親になる

プードル

犬を飼う人が増える一方で、飼いきれずに処分に回す人がいます。そのような不幸な犬を助けている動物愛護団体があります。団体では引き取った犬の里親を募集しています。譲渡される犬の種類は多種多様ですが、ティーカッププードルのような超小型犬がお勧めです。小型犬の方が、新しい飼い主に慣れやすいからです。

ペットにも充実の医療を

動物

通院や手術だけじゃない

ペットを飼っていて、ペット保険に加入しているという人が増えてきています。ペット保険はペットが病気や怪我で病院で治療を受けた際、かかった治療費を契約した割合によって補償してもらえるというものになります。ペットの病気や怪我の治療に関しては人間のように皆保険ではありませんので、治療にかかった費用の全額が飼い主の負担になってしまいます。そのため「ペットの治療費は高い」という理由でペットが体調を崩していても、なかなか病院に連れて行かないというケースも見受けられました。さらに手術になってしまった場合には、数十万円単位の治療費が必要になってしまうケースもあります。しかしペット保険に加入しておけば、ペットの治療にためにかかった費用の3割〜7割もの金額が補償されることになりますので、費用の面でペットを病院に連れて行くことへの躊躇が無くなります。早めの治療が出来れば、ペットの病気や怪我もすぐに治るケースが多くなりますので結果的にはかかった治療費も少なくて済むというメリットがあるのです。さらにペット保険は、ペットの病気の時以外にも活躍してくれます。特約といった形で別途契約は必要になりますが、ペットが他の人や他の動物にけがを負わせてしまった場合でも、治療費などをペット保険が補償してくれます。特に犬などで散歩をさせる機会がある場合にはこの特約に入っておくことで、大きな安心を得ることができるのではないでしょうか。

ペットとのお別れに

花と写真

昨今では、大切なペットの幸せな最期を飾ってあげるため、ペット葬儀を行う飼い主さんが増えてきています。その費用は、ペットの大きさやプラン内容によって異なるため、葬儀社等への確認が必要ですが、大阪での個別火葬料金は、猫や小型犬で2〜3万円前後が相場といえるでしょう。